薄毛対策の為に知っておきたい事:発毛と育毛の違い


薄毛対策をしたいと考えた時に知っておきたい事が、発毛と育毛の違いです。
発毛とは、毛が生えてこなくなった毛穴に対して、再び毛が生えてくるように促していく事です。
それに対して、育毛というのは、以前に比べて細く弱くなってしまった毛や、しっかりと成長をする前に抜けてしまう状態になっている髪の毛を、太くて丈夫な状態に育てていく事です。
発毛剤を使用していても効果が出ない?市販の発毛剤を買う前に

薄毛対策といえば、育毛剤を使うというイメージを持つ人は少なくありませんが、髪の毛が少なくなってきた部分に髪の毛を再び取り戻したいと考えた場合、発毛剤を使う事になります。
ただ、生えている髪の毛を丈夫に育てていきたいのであれば、頭皮の血行を促進する頭皮マッサージや、髪の毛を作る為に必要なタンパク質や亜鉛、ビタミン等の栄養素を積極的に摂取する事で改善を期待する事が出来ますが、髪の毛が生えてこなくなった部分から、再び髪の毛が生えてくる状態にするには、毛根が生きているという事が重要になってきます。

毛根が死んでいる状態であれば、髪の毛を生やすために効果がある成分を送り届けても、効果が出ない事になります。
ですから、薄毛対策は、毛根が死滅する前に行うという事が重要になってきます。
少し薄くなってきた、少し生え際が後退してきた程度であれば、まだ髪型で誤魔化す事が出来ると考える人は少なくありませんが、少しでも薄くなってきたと感じているのであれば、出来る対策をしておくようにする事がお勧めです。

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage

Menu

HOME

TOP