葬儀式が使用している大田区斎場(斎場 東京)

Pocket

斎場と火葬場併設で便利な東京都大田区にある斎場(斎場 東京)を使用しています。
臨海斎場はおもに大田区、品川区、港区、目黒区、世田谷区の人(死亡者かもしくは火葬と主宰する人が5区在住)の利用をおすすめしています。
この5区に住んでいる人は他の区に住んでいる人よりも使用料金が安く使用することが出来ます。
臨海斎場は4箇所の葬祭ホールと、10基の火葬炉をもつ火葬場が併設しています。

お通夜、告別式、火葬までを同じ施設の中で行うことが出来ます。
火葬のときに霊柩車やバスなどの手配をする必要はありません。
徒歩で移動することが可能です。
結果的に費用や時間の節約となります。
別の場所でお通夜や告別式を行って、火葬場だけを使用することも可能です。
その場合は霊柩車はマイクロバスなどの手配が必要になります。
一般的な葬儀はもちろんのこと、密葬、家族葬などの少人数のものまで対応することが可能です。
待合室(最大で一度に60名まで一つの部屋での利用可能)もたくさんあるので、初七日などの利用をすることも可能です。
宗派を問わずに使用することが出来ます。
利用時間は午前8時30分から午後9時となっています。
交通アクセスですが、東京モノレールの流通センター駅下車徒歩10分です。
バスだとJR大森駅から京急バスの大田スタジアム行きの大田スタジアム停留所から徒歩1分です。
駐車場も併設しており、250台近くの車を停めることが可能です。