浮気調査と離婚の豆知識:養育費の支払い


浮気調査の結果、配偶者の浮気が確定し離婚に向けて話し合うことになったとします。
二人の間に子供がいる場合、その親権がどちらに渡るのか決めなければ離婚はできません。
離婚届にも親権を記入する欄があるのです。
もし、浮気したのが妻の方なら、そんな不貞を働いた人間に子供は渡せないからと、希望すれば父親に親権が渡ると考えるのは普通のことでしょう。
探偵への依頼費用は?一般的な料金体系をご紹介
ところが、子供がまだ幼いうちは母親に親権が渡ってしまうことがほとんどだといいます。

それは生まれてからここまで成長してきた間に、父親と過ごす時間よりも母親との時間の方が多かったという理由なのです。
母親が面倒を見ていたのなら、その母親と引き離すのは酷である、ということなのだそうです。
親権が母親に渡れば、父親は養育費を払う必要があります。
養育費は、生活費や教育費など子供が健やかに成長していくために必要なお金で、子供と離れて暮らすほうが支払うことになります。
親は子供を養育する義務があるので、離婚する際に一緒に住まないのであれば支払わなければいけません。
親権が浮気した母親に渡るなんて、子供と一緒に暮らすからといって夫は養育費を払うことに納得できないかもしれませんが、そういう決まりなのです。
しかし、例外もあります。
浮気調査によりいかに母親失格であるかを証明することで、親権を父親に渡るようにすることもできるかもしれません。
また、夫の浮気で離婚することになった場合、夫は素直に浮気を認めず慰謝料も支払わないとごねることもあるでしょう。
この場合、浮気調査によって浮気の証拠をしっかりと掴み、それを離婚裁判に活かすことでしっかりと養育費も支払わせるようにできるでしょう。

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage

Menu

HOME

TOP