本気で捜索をしてくれる特異家出人


近年、家出人捜索を届け出る際に覚えておきたいことは、若年層から高齢者に至るまで、家出人の捜索願が多く警察署に出されています。

しかしあまり知られてはいませんが、この家出人に対する捜索願には、大きく分けて二つの区分があり、その区分により警察の捜査などにも違いがあります。

まず一つ目は、一般家出人といった分類です。

これは家出人が自分自身の意思において失踪をしたと考えられる場合に分類され、この場合には命に関わるなどの緊急性や事件性はないと判断されます。

その為、警察側もこの分類に該当すると判断した場合には、あまり積極的には捜査を行わない傾向にあると言えます。
この様な対応をするのには理由があり、家出人の捜索願が出され、この一般家出人に該当するのは年間にしておよそ8万人にも及ぶと言われており、既に捜査員の人員が間に合っていない状況であるといった背景があります。

そして二つ目は、特異家出人といった分類です。
これは家出人が犯罪や事故などに巻き込まれたり、自殺を考えた上での失踪であったりするといった場合に分類され、この場合には命に関わるなどの緊急性や事件性があると判断され、直ぐに手配が行われ、状況によっては公開捜査に踏み切る場合もあります。

そしてこの特異家出人に分類されると、相談を受けた警察側も家出人の行動範囲であると考えられるその他の警察署にも連絡をし、積極的に家出人の発見に努めると言えます。

その他にも、家出人の車のナンバーから家出人を発見する事を可能とする、Nナンバーといった街に設置されている自動読み取り機を使用し、家出人の発見を行う事もするといった点も特異家出人の特徴であると言えます。

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage

Menu

HOME

TOP