介護士の給料はどうやって決まるのか


介護士は高齢化社会において最も重要な職業であるとされており、現在人材不足となっていることから多くの施設が介護求人を掲示しています。
そしてそこには必ず給料面についての記載があるのですが、会社によって異なるのはもちろんですが同じ施設であっても会社が違うだけで給料が大きく異なっているということも少なくないです。
では、介護求人において介護士の給料とはどのように決定されているのでしょうか。

まず介護求人の特徴として見られるのが資格についての記載であり、ある程度の資格を必要とするものもあれば資格を必要としないものもあります。
そうなってくると当然資格の有無によって給料が異なってきますし、必要な資格を持っていればその分手当がつくようになっているのは当然のことといえます。
また、勤務時間によって手当ての有無が異なっているというところも特徴となっており、通常シフト制度を導入しており、日勤帯の仕事の場合は特に手当はつかないですが夜勤帯であれば手当てがつくため、そこでも丘陵の違いが発生しています。
このような基本的な特徴を踏まえたうえで、その会社や施設が受け取ることができる介護報酬がどの程度なのかによって結果的に介護士が受け取ることができる丘陵もある程度決まってくるといえます。
なのでできる限り稼ぎたいという場合は規模の大きい介護求人を選ぶようにすることが望ましいですし、夜勤などの勤務形態が多いところや手当てがつくところを探すことがお勧めです。

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage

Menu

HOME

TOP