【基礎知識】ストーカー被害にあってしまったときの対処法


ストーカー被害にあってしまったときの対処法ですが、まずは証拠を集めて警察に協力をしてもらう事が大切です。
犯罪に巻き込まれる前に、探偵にストーカー調査依頼を
証拠がないと警察も正式に動くのが難しいため、証拠は必ず集めましょう。
警察がストーカー対策で協力をしてくれるのは自分の住んでいるマンションやアパート付近のパトロールを強化してくれるので、ストーカーを行っている人の証拠を掴む事ができる可能性も高まります。
自分一人で証拠集めをすると危険な目にあう可能性もあるので、単独行動は控えるようにしましょう。

警察に届けを出して協力を要請することで、ストーカーに対する証拠を多く集める事ができます。

証拠の数が多ければ多いほど、ストーカーに対して警告を行ったり、刑事裁判になった場合にもより大きなダメージを与える事のできる判決に期待が持てるので、今後のストーカー行為を抑止する可能性に繋がります。
ストーカー被害にあってしまった場合は、恐怖心から動く事ができずに怯えるだけになる事もありますが、警察にまずは相談をする事が大切です。
交番などに直接行くのも構いませんし、今すぐに身に危険が迫っている様な緊迫している状況の場合は、迷わずに110番する事にしましょう。
空き巣などを伴うストーカー被害の場合は、室内確認をしてもらう事ができますし、指紋などの採取もしてくれるので、重要な証拠集めにもなります。

警察に協力を要請しないままだと解決する事が難しくなり、エスカレートしていく状況が続くと命の危険性もあるので、迷わずに警察に協力を依頼する事が大切です。
自分の勘違いかもしれないと思い、被害を野放しにしておくとストーカーは容認されていると思いこんでしまい、ますます被害は拡大するので、注意が必要です。

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage

Menu

HOME

TOP