オール電化で太陽光発電をフル活用!~オール電化とは?~


昔は電気はテレビや照明用、ガスを使ってお風呂を沸かしたり料理をしたりと言う風にして、電気とガスを使い分けていました。
しかし現在では送ではなく、エネルギー源を全て電気にした生活も可能となっています。
そういった全てを電気で賄うシステムの事をオール電化と呼びます。
電気とガスに分けて生活していた時に比べると電気料金自体は高額になりますが、基本使用料が電気の分だけになるので、実は光熱費の節約にもつながる方法として注目を集めています。
また、5年程前から太陽光発電のニーズも高まっており、自宅で発電した電気を使って生活している人も少なくありません。
ただ太陽光発電では太陽が出ている間しか電気を作る事が出来ないので、夜間に関しては電力会社から電気を買うか、蓄電池を設置して発電した電気を使うと言う事が必要となります。
蓄電池自体は数年前から家庭用が発売されていますが、太陽光発電システムとセットで導入するとある程度まとまった費用となるのでその点には気を付けておく必要があります。

ただこうして自分たちで電気を作ってある程度まかなう事になると、冬場の場合は確かに電力会社に電気料金を払う事にもなりやすくなりますが、夏場に関しては電力会社からの売電の料金の方が高くなると言う事も少なくありません。
従って、上手に太陽光発電を利用すればオール電化で必要となる電気は勿論、余剰電力を電力会社に売電する事が出来るのでよりお得に生活する事も可能です。

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage

Menu

HOME

TOP